息を吐いて

アクセスカウンタ

zoom RSS 治った??

<<   作成日時 : 2006/05/26 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

かわいい人妻のK美さんが、トールペイント関係の仕事でボクの店に出入りしています。
10年くらいの付き合いになります。
仕事上のつきあいだけです。
でもキュートなコなんで心惹かれています。

元気で明るいコです。
いつも話すときは、じーっとボクの目をまっすぐ見つめます。
照れます。

ある日、仕事の予定もない筈なのに突然ボクの前に現れました。
うれしい反面、なにか様子が変でした。

たしか白っぽいワンピースを着ていたと思います。
顔がいつもより血の色を失っていた気がします。
見ようによっては透き通るような美しさでした。

そのK美さんが、元気なく細い声で、
「わたしもうここには来れなくなりました」
「どうして」
「昨日病院にいったら胃に腫瘍が出来ていると言われました」
「え」
「がんらしいんです」
「・・」
「手術することになりますのでもう来れません」
「・・」
「だから最後のご挨拶にきました」

慰めることも出来ず、ただ了解するしかありませんでした。

ボクも胃のあたりにポッカリ穴があいたようになりました。


それから約2ヵ月たちました。

K美さんが突然現れました。
Gパンにトレーナー的な格好だったと思います。

「また来ますのでお願いします」
「どうしたのよ」
「治っちゃったんです」
「・・」

「最初に行った病院で、有名な病院ですよ。名前をいえばわかるけれど、
念のため病理検査をしますので結果がわかるまで数日安静にしてて連絡を待っていて
下さいといわれたので家で待機していたんです。でも2週間たっても3週間たっても
何も言ってこないので心配になって、1ヵ月目位に主人と病院に行ったんです。
そしたら、あ検査に出すの忘れてました、って言われて・・。ほんとにこの辺では有名な
あの病院ですよ。主人も私もその間ずーっと心配してたのに・・。私はそこで気を失いそうになって・・、主人は怒り出して・・、信用できないからって、その足で別の病院に行ったんです。

別の病院にいったらすぐにレントゲンとかいろいろ検査をしてくれて、そしたら、何も
ありませんよ、といわれたんです。」

「じゃ、誤診だったんだ。」
「誤診じゃないですよ、だって何人もの先生と私も一緒にレントゲン写真を見たんですから。」
「じゃどうして」
「・・」
「何か心あたりあるの?」
「ちゃんと聞いてくれますか?」
「うんもちろん」
「この話をするとほとんどの人がバカにしたような顔をするので話さないことにしたんです。」
「教えて?」
「・・」
「治ってよかったね。」
「はい。」
「・・」
「うちにいる間、近所のおばさんが心配してくれて、ある水を持ってきてくれたんです。」
「水?」
「そうただの水。」
「これをほんのちょっとずつでいいから、だまされたと思って毎日飲んで御覧なさいといわれたんです。」
「飲んだの?」
「飲みました。説明もしてくれたんで。でも何も期待はしてませんでした。他にすがりようがなかったので、せっかく言ってくれているのに悪いと思って・・。」
「説明って?」
「トラコテの水。」

これ本当の話です。少なくともK美さんは信じているようです。
ボクも信じました。
昨日のブログのバトンの件で、買えるけれど買ってないものは?の答えに
「日田天領水」と書きましたがこのことに関連してます。
こういうことってあるものなんですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
その人水飲んで治ったの?だとしたらすごいかも!
さち
2006/05/27 01:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
治った?? 息を吐いて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる